FK-23のはなし

FK-23のはたらき

【腸内フローラへのはたらき】

加熱処理をしたFK-23は善玉菌の優れたえさとなります。乳酸菌は生きて腸に届かないと役に立たないのでしょうか? 腸には200〜1000種類以上の腸内細菌が棲んで腸内フローラを形成しています。FK-23は、もともとおなかの中に棲むいろいろな種類の善玉菌の良いえさになるため、腸内環境の改善に役立つことができるのです。


【腸管免疫へのはたらき】

微生物はその菌体成分が小腸の絨毛の間にあるパイエル板という組織の中の細胞(M細胞と呼ばれます)から取り込まれ、その下にある免疫細胞を刺激し、活性化させる事が分かっています。
免疫細胞は全身の恒常性維持(からだの状態を一定に保つこと)に深く関わっており、先ほどのFK-23にこの免疫細胞を刺激する働きがあるか調べた所、ある温度で加熱殺菌したFK-23に免疫細胞を強く刺激する働きがあることが確かめられました。


これはTNFという腸の免疫細胞の一種(マクロファージと呼ばれ、病原菌を貪食する細胞)が活性化した時に分泌されるタンパク質の量を測定して確かめられました。
ニチニチ製薬では様々な乳酸菌種とFK-23を比較し、その中で加熱処理をしたFK-23が最もこの免疫細胞を活性化する力が強い事を確認しました。