FK-23のはなし

FK-23とは

ヒトの腸内には200〜1,000種類以上の微生物が共生していると言われています。そこでニチニチ製薬の中央研究所では、色々な微生物をヒトの腸から分離して、どのような健康維持に関わるか調べたところ、ヒト由来のある乳酸菌が血中コレステロールと中性脂肪を低下させる働きを持つ事を確認しました。

この乳酸菌こそが、エンテロコッカス・フェカリスです。特に上記の働きが強かった株に弊社独自の特殊加工を施し、加熱処理乳酸菌素材「FK-23」としました。多くの人々の健康に役立てるため、30年近くにわたり健康維持や、様々な病気への有用性を研究しています。
その後FK-23の持つ働きが次々と明らかになり、特許取得のもとになった免疫賦活、抗がん、抗がん剤副作用軽減、感染防御、C型肝炎治療などの作用が確かめられています。またその他腸内環境の改善や肺炎の抑制作用、アレルギー抑制作用、美容、血圧低下、抗酸化誘導能に至るまで今でも新たな作用が発見され続けているのです。